水のトラブルで気をつけておきたいウォシュレットのトラブル

水漏れの恐怖~トイレの床が濡れているときは危険なサイン~ 水漏れの恐怖~トイレの床が濡れているときは危険なサイン~

ウォシュレットの場合は慎重な対処が必要となる

ウォシュレットから水漏れしてるような場合は注意が必要です。ウォシュレットは電化製品なので、分解や修理、組み立てなどが非常に難しいものです。より被害を大きくしないためにも、ウォシュレットの水漏れの場合には慎重に対処しましょう。

水漏れの二次被害を防ぐために

水漏れを理由に、より大きな被害にしないためにも、まずはトイレの止水栓を閉めて水を止めます。次に、ウォシュレットの電源プラグを必ず抜いておくようにしましょう。ウォシュレットの電源が入ったままで修理作業が進むと、濡れたままで電源プラグなどに触れてしまうと、最悪の場合、作業をしている人が感電してしまう危険性があります。

下手にいじってしまうことで大きな被害に繋がる恐れがある

ウォシュレットからの水漏れに対処するため作業をするときは、電化製品と水のどちらも扱うことになり、プロでない人がいじることで、返って状況を悪くしたり、被害を拡大したりすることがあります。火災や漏電といったことにならないためにも、水のトラブルは修理の専門業者へ依頼することをおすすめします。場合によってはメーカーへ依頼しなければならないときもあります。

ウォシュレットからの水漏れで気になること

ウォシュレットが原因で水漏れした場合は部品だけ交換すればいいですか?
明らかにウォシュレットの故障が原因でトイレが水漏れしてしまっている場合は、基本的にはメーカーへ依頼して修理に来てもらいます。ですが、近年人気が高いウォシュレット一体型の便座の場合は、トイレ本体に異常がなく、ウォシュレットの部分のみの故障であっても、トイレの便器を丸々交換する必要があるということを覚えておきましょう。

ウォシュレット交換の適正を検討するために大切なこと

作業員

ウォシュレットから水漏れを起こしている際は、ウォシュレット部分の修理だけで済むのか、ウォシュレットまたは便座丸々の交換が必要なのかどうかは素人には判断がつきにくいものです。可能であれば2~3社に調査を依頼して、交換が妥当かどうかを確認してみましょう。

TOPボタン