自分でできる水のトラブルの応急処置法

水漏れの恐怖~トイレの床が濡れているときは危険なサイン~ 水漏れの恐怖~トイレの床が濡れているときは危険なサイン~

水道修理業者が来るまでにやっておきたい応急処置

水のトラブルの専門業者に依頼する際、実際に業者が家に来て修理してくれるまでにやっておきたい応急処置があります。

簡単にできる応急処置法

元栓を閉める
水道の修理業者が到着したときに、作業をすぐにできるようにするために、まずは元栓を閉めておきましょう。元栓が開いたままでは作業中に部品を緩めた際、トイレ内が水浸しになってしまう可能性があります。トイレ修理の際は、作業をスムーズに進めるためにも業者が到着するまでにトイレ内の止水栓をきちんと閉めておきましょう。
融着テープを使用した処置
水漏れ箇所にとりあえずの応急処置を施す際には、融着テープが便利です。融着テープをナットや配管の接続部分の上から貼って、水がそれ以上漏れないようにします。水漏れしている部分は、汚れを拭き取ってからテープを巻き付けていきます。強めに引っ張りながら巻き付け、先に巻いた部分とかぶるように重ねていくことがポイントです。
新聞紙を敷き詰める
トイレの水漏れをそのまま放置すると、トイレの床材にダメージを与えることになります。マンションなどの集合住宅の場合、階下の住居へ被害を拡大してしまうことになり兼ねません。床材を守り、近隣トラブルを避けるためにも、トイレの床には新聞紙やキッチンペーパーのような吸水性の高い紙類を敷き詰めて水分を少しでも取るようにしましょう。

トイレのタンク内のパーツがうまく動かない場合は、水洗機能に支障が出ます。特に節水対策としてペットボトルをタンクの中に入れている人がいますが、トイレの故障や水漏れの原因になり兼ねないので、早急に取り除いておきましょう。

これらはあくまでも「応急処置」

TOILET

スムーズに水のトラブルが解決できるように、上記のような対策をしておきましょう。ただし、あくまでもこれらは応急処置としての作業なので、このまま放置しても抜本的な解決にはなりません。水のトラブルに対応してくれる専門業者に依頼することをおすすめします。

TOPボタン