水のトラブルが招くリスク~トイレに起こる水漏れの解決法~

水漏れの恐怖~トイレの床が濡れているときは危険なサイン~ 水漏れの恐怖~トイレの床が濡れているときは危険なサイン~

トイレの床が濡れている~考えられる原因とは~

水浸しのトイレ

トイレの床が濡れていてビックリしたという経験はありませんか?放っておくと床材にまで影響が出る可能性があり、注意が必要です。水のトラブルがよく起きる場所、トイレで頻繁に見られるこのトラブルの裏側を探ってみましょう。

最も怪しまれる症状~水漏れ~

トイレの床が濡れている場合に、一番可能性が高いのが、トイレの水漏れです。きちんと掃除したのに、次に入るときにはもうすでに濡れているといった場合は、水のトラブルが進んでいる可能性があります。簡単に解決できる場合もありますが、ケースによっては便器ごと交換しなければいけないときもあります。放置すると床材まで傷めてしまうので早めに対処しましょう。

トイレの各所を確認しよう

便器・タンクの結露
冬場など気温の低い朝などに限って起こるようであれば、便器やタンクの結露が床に落ちていることがあります。換気扇を回し続けてトイレの湿度を下げたり、トイレのドアをきちんと閉めたりして、トイレ内の温度を一定に保つことである程度は防ぐことができます。
トイレタンクとパイプ・水道の元栓の接合部
トイレのタンクとパイプや水道の元栓の接合部分のパッキンが劣化していたり、緩んでしまっていたりする場合、そこから水漏れし、トイレの床を濡らしてしまうことがあります。部品の締め直しや、劣化した部品を交換することで修理が可能です。
ウォシュレット
ウォシュレット本体の部品や接合部分から水漏れを起こすことがあります。ウォシュレットの部品の破損や故障などによる水漏れは、メーカーでないと対応できないケースもあります。分解すると戻せなくなるケースが多いので、自分で分解する場合には、相当注意が必要です。

その他で考えられる原因~子どもの粗相~

小さな子どもがいる家庭や高齢者がいる家庭などでは、粗相で床が濡れてしまうこともあります。においがなく、拭いてもまた塗れる場合には水漏れの可能性が高いでしょう。

トイレの床濡れで最も恐ろしいのが床下からの水漏れ

トイレの水漏れの中でも、床下からの水漏れの場合は、少し対処が大がかりになることが多いので、注意が必要です。

床下からの水漏れの原因とは

トイレの床下からの水漏れでは、床下の排水パイプが原因になっていることがあります。便器とパイプの接続がうまくいっていないか、接続部分のパッキンの劣化などが考えられます。パッと見では原因が分かりにくいので対処が遅れてしまうことがあります。

床下からの水漏れを確認する方法

墨汁を使用した確認方法
便器の中に墨汁や絵の具のようなものを垂らして、一晩放置します。翌日になって、床に墨汁や絵の具が混ざった水が見られるようであれば、便器の設置不良や接続部のパッキンの劣化などが考えられます。内部のパッキンは経年劣化するので部品を取り替える必要があります。
雑巾を使用した確認方法
水がどこから漏れているかを簡単にチェックする方法があります。乾いた雑巾やタオルをトイレの床に敷き詰めて一晩おきます。翌日になって、それらの濡れ具合をチェックすることで、どこから水が漏れているかが分かります。
男性作業員

前述したような方法でも床が濡れる原因がはっきりと分からない場合には、むやみに触ったり部品を分解したりすることなく、水のトラブルの専門業者に調査を依頼しましょう。自分で修理しようとして反対に状態を悪くさせてしまっては元も子もありません。特にウォシュレットのような機器は水漏れ拡大に繋がるので、安全に水のトラブルを解決するようにしましょう。

TOPボタン